どんなにあっても心配なお金

Posted By on 2014年9月18日

お金は必要な分だけあればいいとは思っていません。

それこそ、理想をいえば、大金持ちといえるくらいのお金はあって、それでも今と同じような・・・少しだけ我慢を減らして・・・生活をしていけたらいいなと思っています。

現実には大金持ちになんてなれませんから、何歳まで生きるのか、どんな困難が待っているかわかりませんが、一般的に「老後安心して暮らせる」ような金額が貯まるまでは、つつましく、貯金中心というお金の使い方をしていきたいと思っています。

心配性なんですよね。好きなように使って、後になって苦労するのは絶対にイヤ。だったら、今、可能な範囲での節約をして、安心できるようにしたいです。

同じような生活レベルの方でも、どんどん使って、そりゃ色々持っていたり、あちこち楽しそうに出かけていたりしますが、実は100万単位くらいしか貯金がなかったりとかいうのは、私には絶対に理解できません。

確かに、人間、いつ人生が終わるかわかりませんし、この先何がおこるかも分かりません。貯金したものも消えてなくなるかもしれません。制度も変わるかもしれません。だったら、後悔しないように、とにかく「今」を楽しむという選択もありなのでしょうが。つつましく暮らすクセがついているので、今更無理かなと思います。

ただ、そういった人とは正反対で、恐ろしいくらい節約生活をしている人もいますよね。私はそれも理解しがたいです。もう「趣味」となっていて、楽しんでいる方はいいですが、子供がかわいそうな状態になるのはどうかなと思います。

私も、「貯めたい」という自分の中での軸はありますが、子供には少しだけ甘く。習い事は少しはさせたり、ほしいものがあったら買ってあげたり。

もちろん、銀行や消費者金融などのカードローンでお金を借りるまではしないようにしないといけませんが。

参考サイト…http://xn--nbkt46gb0o.com/

小さな幸せは大切にしつつ、でもなるべく節約。 これからも目標にむけて、貯金していきたいと思っています。

不便な地方は不経済

Posted By on 2014年8月23日

不便な地方生活には、不満はたくさんあります。この機会に遠慮なく片っ端から挙げさせていただきます。

まず私の住むところには、公共交通機関がほとんどありません。バスは一日に数本。何と元旦にはゼロになってしまいます。最もバス会社も儲からなければやっていけないので仕方がないとは思いますが。

車が無いと生活できません。バスがないので病院へもスーパーへも車が必要です。みんなが車を使うからバスが少なくなるのか、バスが少ないから車を使うようになったのか、両方言えるかもしれませんが。

車があればガソリン代がかかります。今日のガソリンの高騰は地方生活者にはとても痛いです。それから車税と車検が大きな負担となってきます。そのうえ六か月点検の案内も来ますが、私は完全に無視します。

只でさえ車の維持費用でお金を借りている(http://universul-cartilor.com/)状況なのに、六か月点検に出している場合ではないですよね。

地方生活者にとって車は必需品なので、車税の値上げなどは地方いじめとしか思えません。東京のように電車が便利なところで政治が行われているので、わからないのでしょうが。

教育にもお金がかかります。もちろん不便な地方には、都会のように学校がたくさんありません。ですから子供たちは高校を卒業すると、都会の大学や専門学校に行くために家を出て行きます。ここで地方の人口減。

都会の大学などに通う子供のために、学費の他に、地方の親たちは毎月アパート代を含む生活費を送らなければなりません。これが大変です。家から通わせることができる都会の親にはこの苦労はないのが普通。ですから地方ではお母さんたちも何かしら働きに出ています。専業主婦はとても少ないです。

それからたまには海外旅行がしたいと思っても、ツアーも格安チケットも、ほとんどが成田や羽田、関空出発ばかり。「安い」と喜んでいるのは都会組。地方組は歯を食いしばって高い新幹線代を払い、乗り換えをしてはるばる空港へ行きます。

出発前にすでにへとへとです。また早朝便を利用の場合はホテルに前泊。夕方帰国の場合は後泊も必要なときがあります。ホテル代もバカになりません。本当に高くつきます。

不便な地方生活者の不満はエンドレスです。失礼しました。

母親になって感じる女性の幸せ

Posted By on 2014年6月4日

今までで一番、女性に生まれて良かったと感じたのは出産育児を経験したときです。難産で非常につらい経験だったのですが、本当に感動して涙が止まりませんでした。
赤ちゃんを抱っこした時の幸せは、それまで経験したことのないような幸福感です。お父さんになってもきっと幸せを得ることはできるのでしょうが、自分で生んで母乳をあげて育てる喜び、弱々しい赤ちゃんに全身全霊、頼られる喜びは、やはり母親ならではなのではないでしょうか。
母親になることができる、これは女性の最大の喜びだと思います。
いま子どもは四歳で私は専業主婦ですが、こうやって育児に専念して大好きな我が子と毎日過ごせるのもとても幸せです。専業主婦になることは、専業主夫になるより敷居が低いですよね。これは女性の大きなメリットだと思います。

ただ、このご時世だと旦那の給料も安くて、やりくりしていくのが難しく専業主婦の私が消費者金融を利用したりすることもあります。※消費者金融専業主婦

詳しくいってしまえば、専業主婦の場合消費者金融からはお金を借りれないので、銀行カードローンを利用しているというわけですけどね。

まあ、お金を借りているのにちょっと嫌な気持ちになるという事もありますが、どこの内もこういう風にやりくりしながらやっているんじゃないかなと思うのです。
逆に女性に生まれて悪かったと思うことは、まあ主に若い頃の話ですが、電車の中の痴漢です。
私は私立の女子高に電車で通っていまして、女子高生というのは本当にただ制服を着て電車に乗っているというだけで痴漢のターゲットにされまくります。
電車に乗る時だけでいいから男の人に変身したい、と毎日思いながら高校に通っていました。
痴漢というと冤罪のことばかりクローズアップされますが、本物の痴漢は絶対にいるという当たり前の事実が抜け落ちて語られているのが納得できません。
本物の痴漢は絶対に存在していますから。
男性は本当にラッキーですよね、だって痴漢にあわずにすむんですから。男性がうらやましいです、非常に。

税金の支払い時期は必ずお金に困ります

Posted By on 2014年5月20日

お金に困る時は大体急な出費が続く時なのですが、予定外にお葬式の連絡が入ったり、普段使っている物が壊れて買いに行くなど月初めに予定していた金額を上回ると頭が混乱してしまうのです。

そんな中でも最も怖い時期は税金の支払いの時なのですが、まず車の税金の納付書がポストに投函されているのから始まって、次に固定資産税、さらには追い打ちをかけるように市民税や県民税の納付書が容赦なくやって来ます。

お金がある時ならすぐにでも支払えるのですが、お金の無い時はどうやって支払えば良いのか全く分からず結果貯金を下ろして支払ったり、滞納をして払える時に払うと言った感じなのです。

税金などの支払いは、お金がないから待って、、、っていう訳にはいきませんからね(+o+)

我が家は車を2台所有しているのですが、軽ではないので2台で何と9万円の税金の支払いからスタートします。

その後固定資産税は持ち家なので年額18万円ほどかかり、3期に分けても相当のお金が必要になって来ます。

何で車も家も自分のものなのにお金を支払わなければいけないのだろうとつい考えてしまうのですが、せっかく貯金をしても税金で持って行かれてしまったら何のための貯金か分からなくなるのが現状です。

そんな時にいつも目にするのがキャッシングや消費者金融のCMなのですが、いっその事簡単に借りて税金を支払おうかなとも考えてしまいます。

実際今までに1度だけ、お金がなくてどうしようもない時にカードローンでお金を借りた (http://www.geneticage.org/)事があります。

この時は本当にどうしようもなく、仕方なく借りる事にしたんですが、実際使てみたら凄い便利で助かりましたね、

最初はちょっと抵抗があったんですが、しっかり計画性を持って利用したら便利ですよ(^^)/

お金は中々貯まらないのが悩みなのですが、何とか苦労しないだけの収入があればと言うのが今の夢です。

毛が濃いのがコンプレックスです。

Posted By on 2014年5月6日

私は女性ですが非常にムダ毛が濃いです。早く脱毛して綺麗な肌になりたいですが、費用や時間の都合で厳しいのが現状です。

そして私は毛が濃い人間に対して悪いイメージはありません。むしろ安心感さえ覚えてしまいます。相手も毛深い女性なら、自分だけではないと安心できるのです。

しかし相手の女性の毛が薄い、もしくは脱毛して生えていない場合、とても羨ましく思いますし、同時に毛深い自分が嫌になります。

ただ毛が濃い女性に対しては、ムダ毛を気にしていないのかがとても気になります。

私は男性の毛に関しては濃いのは普通な気さえしていて、ムダ毛のないすべすべな肌に違和感を覚えます。だからといって脱毛することを否定するつもりはないので、好きにしたらいいと思います。

それなのに女性の毛が濃いことに関しては気になりますし、女性はムダ毛がないのが美しいという風潮と自分の感覚が悲しいです。

私は毛が濃くて処理してもすぐにチクチクしてしまうので、早くどうにかしたいです。このままでは夏に水着になることはできませんし、何より将来結婚して子供が欲しいとなった時にそういう行為をすることに抵抗があります。

恋愛には興味があるのに、ムダ毛のせいで恋をする勇気がありません。 私は将来のためにも早く脱毛したいと思っています。

この際、キャッシングでお金を借りて【http://www.seattletechtour.com/】、永久脱毛を受けに行こうかとも考えています。

もう年齢も年齢なので、早めに脱毛して、素敵なパートナーを見つけたいんです!!もちろん、ムダ毛処理したからといって、素敵な彼が見つかるのかと言えばそうではないんでしょうが、やっぱりちょっとでも自身になると思うんです。

どうしても毛深いのがコンプレックスで、毛深い女性なんて嫌われてしまう、って思っちゃうんですよね。。。

あ~早く脱毛してツルツルの肌になりたいな(´・ω・`)

銀行で借りるのがお勧め

Posted By on 2014年4月2日

お金を借りたい場合にどこで借りたらいいのか?結構悩みますよね。

何回か借りた事がある場合はいいんですが、初めての時はどこがいいのか全然分かりませんもんね。

ちょっと怖さもありますしね。。。

そこで私がおすすめするのが、銀行のカードローンです。

やはり銀行なので安心できるといった点が一番のポイントですね。

間違っても闇金なんかでは借りたらだめですよ!!